natural field 

OAKS Breeding
beetle&stag beetle

カテゴリ:OAKS > OAKS血統 ヘラクレス T-117系 T-115系

イベントで出展販売したり
ネット販売したりと 多くの個体を送り出しておりますが
OAKS岐阜では変わらず羽化が続き
生産工場さながらの状態です、、。

T-117 太めで良型
販売用や種親候補が新たに羽化しており
アップしてみます。

どちらも幼虫最終体重は
140g台でしたが(後半 蛹化前までの増重は未計測)

同時期~更に大きなものでは
160gUPもスタンバイしており
今後が楽しみです。
DSCF9719
(左♂の方が大型です)
画像ではショボく写ってしまいますが
DSCF9720
屋外で📷
DSCF9772
DSCF9773
T-117 Vol ・4から羽化

サイズは163mm程
DSCF9699
DSCF9697
屋外で📷
DSCF9771
T-117 Vol・6から羽化

最終体重 
2016年 12月8日 143,3グラム 
2017年 2月3日 蛹

サイズは167mm程 長角♂で
バランス◎ 太さ◎
一押しの種♂となりそうです。
DSCF9711
計測後にノギスをあてただけの画像です。
胴体をきっちり詰めた状態での計測・表示
DSCF9705
DSCF9710
屋外で📷
DSCF9769
DSCF9715
↓この♂達もT-117 
販売用の2♂です。

140㎜台 150㎜台 
DSCF9733
DSCF9739
140㎜台
こちらはVol・8からの個体
DSCF9731
150㎜台
Vol・5からの個体
DSCF9728
DSCF9737
他 Noの♂達や
DSCF9755
チビ♂達も、、、。
DSCF9764
OAKS血統 ♀との掛け合わせで( No114♀ No116♀ )
Amazonico氏からギネスが誕生しましたが
No(番号背景)についてのご質問が時々ありまして

OAKS血統をNo別で管理しており
手書きノートですが長年に渡り歴代から記録した
管理データーも存在していて。
こちらサイドの話になってしまいますが、、
幼虫段階で体重が乗った 乗らないとか、大型羽化が多い 少ない等の
系統群・Deta詳細やブリードを続ける上での判断資料としても使用しています。

簡単にアップさせて頂きますのでご参考にしてください
(♂×♀で表示)

No120→ No112 × No114
No121→ No112 × T-115
No122→ No112 × No114
No123→ No114 × No95
No124→ No114 × T-117(NO2)
No125→ No114 × T-117(NO2)
No126→ No114 × T-117(NO2)
No127→ T-117(NO1) × T-117(NO2)
No128→ T-117(NO2) × No113
No129→ T-117(NO2) × No113
No130→ T-117(NO2) × MD
No132→ T-117(NO2) × Y170系(Y170→170㎜系)
No133→ T-117(NO2) × No119
No134→ T-117(NO2) × Y170系(Y170→170㎜系)
No136→ T-117(NO2) × No119

(※OAKS内に No114インライン個体はおりません)
DSCF9762
DSCF9761
DSCF9759
NO127 参考
(T-117(NO1) × T-117(NO2)

最終体重 
2月14日 169,9g 
4月23日 前蛹 153,7g
20170423_142226
1492925606787
ここ最近、販売している個体は
♂♀いずれか T-117やNO114を使用した物が多く
お勧めできそうな感じがします。
20170423_142137
良型 大型♂
ブリードルームでは
羽化ピーク?!を迎えておりますが

クワガタ類の羽化もボチボチ、、、
遅がけブリードした個体からの累代F11
張飛 チビホペイの羽化が始まりました
DSCF9780
DSCF9781
DSCF9782
時間的余裕が無くできないかもしれませんが
たまには?!販売ヘラ♂のご紹介もできればと考えています。
本日はこれにて(__)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

OAKSヘラクレス血統 NO95 小さな♂から羽化開始
曲りがなければ152㎜程の♂ で小ぶりです。
先曲がりしてしまいサイズが採れませんが
胸角の根元部分はチビの割に太めです。

数を採りませんでしたので
元々の頭数が少ないせいか♀は少数、現在も幼虫の方が多く
インブリは微妙、羽化は♂ばかりとなりそうです。
DSCF8594
次に羽化予定のNO95♂ですが
他の系統と比べても胸角先部分まで太く胴体小さめ
DSCF8603
DSCF8607
サイズはともかく太さだけは
期待できそうな蛹です
DSCF8605
DSCF8608
No95やT-117 T-115 
その他 OAKS血統ヘラクレスに関してのお問い合わせが多くなりました。
現在は120番台の成虫たちが羽化しており
OAKS K氏がブリードルームにて全て管理しておりNO124~
♂♀どちらかでT117を使用しています。

NO95はOAKS血統 T-117 T-115の元親ナンバーですが
当時、OAKS K氏がNO.95で管理しており
血統を引き継いだままT-117 T-115へ改名となりました。

NO95(T-117 T-115)
37f27f9a-s
DSCF87460
過去を遡るも 太さ・長さは様々ですが
美型 長角♂が多く
DSCF2486
DSCF2719
DSCF3843
DSCF4511
DSCF1934
次の世代で羽化した
T115 T117↓
DSCF7578
20161016_135059
20170122_125641
再びNO95で交配させたのが
T-117RT T-115RTになります
DSCF7467
DSCF7675
DSCF8017
DSCF6909
DSCF7178
ペーニャが少しだけ産んでくれた様です。

コバエ発生・放置ケースから
マット廃棄手前の危ういところで 
今回も子供が気付いてくれて
ケースから数頭の幼虫がコロコロと・・・。

学名:Megasoma joergenseni penyai 

産地:パラグアイ・マリスカルエステガリビア 産

累代:CB
DSCF7195
同じカブトムシですがヘラとは違い
ダニ体型、、。
DSCF9321
たったの8頭ですが
ここ最近の まさかの!ビックリ出来事でした
(マット捨てなくて良かった、、、)
数は少ないものの残せて良かったです。
DSCF8504
DSCF8505
本日もOAKS岐阜から帰宅後
♀のマット交換と新たな幼虫達をボトルへ、、
当分、終わりそうにありませんが
ボトルやケース マットの出費は酷いものです^^
DSCF8626
生体やケースでブリードルームが狭苦しく感じるのを避けたく
見た目スッキリ配置となる様 
息子をバイトで雇い整理しながら作業しています。

作業時間が1時間でも、、数時間でも50円で合意☆
10円玉 5枚を渡すとすぐに貯金箱へ^^

お駄賃発生で☆彼のやる気度が違いますが!
この小遣いでコントロールできるのは今の内だけですからね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自身と娘はOAKS集まりで岐阜へ🚗
嫁と息子は大掃除で1日が終わったそうです。

☂雨が酷くなってきましたが
先程まで溜ったゴミを指定袋に入れ替え
家族全員でゴミ集配場まで運び、、、
いつも一人で朝出ししていますがゴミの量が特別多く
手伝ってくれたので助かりました。

ヘラクレスT-115系 羽化状況です。
T-115♂使用・別系♂個体です。

サイズ 152㎜ 154㎜
極太では有りませんが
胸角は棒状?!に伸び長角・美形に感じます
ちなみに最終計測時 体重は普通サイズ 120g程の♂達です。
DSCF7875
多産した為、幼虫時に友人へ渡しましたが
同じく棒状ですらりとした長角・太めの155㎜ 162㎜
同形状♂が羽化しているとの事で
かなり気に入っている様子^^良かったと思います。
DSCF7883
幼虫頭数が増えつつ、、残そうか迷いましたが
インラインで1♀ブリード予定
20161203_151343
OAKS 現在の蛹ですが

数多くストックされている蛹の内
これまた幼虫時・普通サイズだった個体達です。

OAKS血統 T-117 vol・4
初令~9ヶ月め体重が 115,3グラム
15ヶ月計測で125,4グラムからの蛹
然程グラムが乗らなくとも太め
20161204_112051
20161204_112043
OAKS血統 T-117 vol・5
初令~9ヶ月め体重が95,9グラムでした、、
15ヶ月計測で122,3グラムと特に重量級という訳でもありませんが
この蛹も太め
20161204_134909
20161204_134917
OAKS血統 No126
初令~9ヶ月め体重が 113,8グラム
15ヶ月計測で136,3グラムからの蛹

そこそこのサイズで羽化するでしょう。
20161204_133632
20161204_133647
OAKS血統 No125
初令~9ヶ月め体重が 111,8グラム
15ヶ月計測で134グラムからの蛹 

140g超えなくとも太さが有る♂蛹へ
他に幼虫時に重量級だった蛹の頭数も増えてきています。
20161204_135315
20161204_135303
ブログ更新ついでに、、、。
ブラックハスタートノコギリの羽化が始まり
♂のみご紹介

学名 Prosopocoilus hasterti hasterti
産地 ベララベラ島
累代 WF4
DSCF7892
今年初めにBeetle onさんに託され
そのペアからブリード 羽化した個体です。
ブリード途中で♂→♀★

成虫まで11カ月 
途中~放置飼育・3令まで産卵セットのまま
まとめてマット飼育(OYKインセクト 特Aマット使用)

その後はブナ微粒子・菌糸に放り込み
手間かからずで羽化
DSCF7890
幼虫 10頭のみの飼育で
頭数は多くありませんでしたが
良い具合でペアになりました。
DSCF7895
DSCF7894
どれも小さく感じ
この種も大きいのか、小さいのかすら
サッパリ(+o+)分かりません。
DSCF7889
ずんぐり体型・艶有の可愛いノコギリです。
1ペアを試し販売して
後は仲間内で分けようと思っています。
ブリードの際に顎縛りは絶対と(+_+)必ず伝えて
♀殺し頻繁な種なので
本来なら2~3♀体制でブリードしたいところです。





2016年もあっという間でした、、、
OAKS新年会🍻の日程が決まり 
当日ブリードルーム集合になります。
※伝達 以上(- -)/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘラクレスT-117羽化状況です。
OAKS血統 T-117 vol・7 
158㎜羽化 

160㎜に届かないサイズですが
太さ 長さのバランス良
胸幅が狭く胸角の太さが引き立ちます。

ここ最近まで
約10ヶ月の羽化頭数ですが
OAKS全体で♂600頭~700頭が羽化

あくまでも個人的な私見 賛否あるかもですが
今季・羽化♂で上位ランクインする個体です。
20161127_113746
初令~9ヶ月めの体重が122,2グラム
20161127_113722
2種類のマットをブレンド、添加の配合は途中から行い
最終体重 135,8gと、、、ごく普通サイズでした。

種親ストックですね
活動期には頑張ってもらうとします☆
20161127_113732
同じく
OAKS血統 T-117 vol・7 
幼虫ですが

11ヶ月 段階で134,6グラム
18ヶ月 本日の計測で159,2グラム
冒頭羽化♂の幼虫期と比べ25グラム増

然程体重が乗らなくとも
良型 長角が羽化するOAKS血統ではありますが
一体どんな♂が出てくるのやら、、です。
1480214130555
それと別ナンバー
OAKS血統 NO127

120番台Noは体重増の幼虫が最も多く、、時々👀目を疑い
計り直すこともしばしば

初令~9ヶ月め体重が134,8グラム
18ヶ月 本日計測で167,6グラム
20161127_134045
現在 100~150♂以上の蛹がスタンバイ 
羽化待ちですが
T-117 115メイン血統以外のNoからも
👀とてつもないオスが羽化するかも☆彡

羽化ピークはこれからですので
暫くの期間 楽しめそうですね

あらためて羽化状況をアップする予定でおります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘラクレス160㎜アップ羽化状況です(OAKS 岐阜)
164㎜ OAKS血統 No120 最終体重 139,4g

翅パカ羽化となりましたが
OAKS血統 No119からも♪

元々、太い個体が多く羽化しているナンバーですが長角羽化
最終体重149,7g

画像では細身に見えますが
両 No共に実物の方が太め、大型には感じます。
20161113_141450
T-117(VOL6)から161、5㎜
最終体重 130gの個体です。
DSCF7516
極太では有りませんが長角のカッコ良い♂です
DSCF7517
T-117(VOL5) 最終体重 130g
羽化しておりましたので
大まか計測 太めの161㎜
DSCF7520
長角 太めで蛹の段階で期待していた♂でしたが
またもや 胸角に折れ線が入り
ガッカリ、、、
DSCF7524
ガッカリついでに、、

ようやく羽化したプロイスビロードツノカナブンですが
(2015年6日9日 通関入荷品からのブリード分)

WD到着時にメスの状態が今一つで卵6個を産み★ 
2個だけ育ち・内1頭↓
DSCF7531
繭玉から割り出すと、、、
不全~中翅が出ており
DSCF7529
直ぐに息子用の虫棚へ

好む種ですが
まともに羽化した試しがありません^^
残念ではありますがブリード終了になりそうです。
DSCF7527
↓続
一回り小ぶりのT-117 (VOL6)
150㎜台ですが太めの良型♂

151,6㎜
最終体重 136,4g
20161113_141653
20161113_141808
時々遊びに来られる岐阜 M氏がお買い上げ
お持ち帰り頂きました。
20161113_141811
最近 ワンパターンの投稿
近所の川です。
20161104_164107
天気が良ければ
相変わらずモロコ釣りへ(私は飽きてきていますがTT)
20161104_165632
釣果や、、画像を撮るまでもない小魚ばかりで
📷無理に載せなくても良いのですが

子供の希望で投稿しています。
(同 内容を連続投稿、、親バカでゴメンナサイ)
20161104_165832
自転車 ボード ピアノ トランポリン 虫捕り キノコ採り 魚採り クワガタ カブトのブリードなどなど、、、
興味を持つと一直線の息子ですが(+_+)
一定期間のめり込むと興味が離れる事に
あらため気付きました。子供なんてそんなものなのでしょけど。

親としては十分に🐟付き合いましたので(__)
モロコ投稿はこれにて終了予定です。
20161104_165704
いつもまとまりがない内容ですが

ヘラクレス羽化状況も
また投稿させて頂きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

残暑が厳しいですね、キンキンに冷えた虫部屋と暑い外を
行き来するだけでダルい、、体調不良になりそ^^
外出する事が多く、、どっさりと虫部屋作業が溜り、
一人では手に負えなくなってきています(苦笑)
ようやく子供の夏休みは終わり
子連れでの遊び外出こそ少なくなりましたが

嬉しい事に遠方から友人が来られたり
仕事先へ某TV局のカメラが入り取材協力したりと、、
家を空ける機会も多く、、カブクワの世話が疎かになりがちで
楽しい行事と^^うんざり作業の頭の切り替えが・・。
暑くとも外へ出ているのを好みますが
暫くは家に籠り作業に没頭した方が良さげかも(+_+)

T-117RT  羽化状況(T-117×NO95)
気が付かない間に羽化
胸角太め♂ですが先日のT-115RTに続き・・
またもや胸角・前曲りでサイズダウン
DSCF6074
曲がりが無ければ160㎜超えるサイズ
太♂で良形なのですが・・
DSCF6070
最近は、、こんなのばかり
DSCF6067
こちらも放置羽化していた150㎜程の♂です
DSCF6078
角先が・・・
DSCF6079
今のところは大丈夫ですが・・
恐らく活動始める時期には折れるかと(__)
DSCF6075
DSCF6076
昆虫 季節外れの時期から
B品カブ・クワコレクションが増え
喜ぶのは子供達だけであります。
DSCF6081
ヘラクレス作業ついでに
コバエが酷いケースが目につき、マットの入れ替えを行い

T117RT(T117×NO95)
DSCF6060
最近の計測で大きくとも140後半留まりで
150gには届かない幼虫ばかりでしたが

コレ☆だけは、、、違いました。
DSCF6061
コバエを確認したので
たまたまマット交換したケースでしたが(+o+)育っており
嬉しく感じるも、アースノーマット4機焚いていますが
部屋にはコバエがフワフワ、、、飛んでるコバエは翌日には★ですが
コバエ発生源のケースがどうしても特定できず、、フマキラーを部屋に少量噴射したらコバエと一緒にヤマトサビだけ大量★
少し飛んでいるだけで苛々の発生源?!憂鬱な気分が続いています
早い内に何とかしないと凹なぁ・・・

無理でしょうけど、、
コバエ確認がてら他ケースの計測で
今回みたく、ひょんなタイミングで160gを超える
幼虫なんかが出てきて欲しいものです。
それより、気分を害するコバエ発生源を突き止め(( `ー´)ノ
先ずは駆除するのが先決かもしれません・・どうしたものでしょ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

T-115RT 羽化状況です(T-115×NO95)
胸角太めの♂ですが大きく弧を描き
やや前曲がり形状でサイズダウン・悔やまれますが
体型は160㎜♂と同等 太くゴツめ
現サイズで150ミリ程の♂です

現在の蛹も前蛹段階で確認を怠り
極太ですがとんでもなく前曲り・お辞宜 形状の蛹もスタンバイしており
それらを見る度に心が萎え、、(笑)
DSCF5874
この2♂は前蛹取り出し後に
人口蛹室へ移し管理していたのですが・・・

今更どうにも、、仕方ありません。
DSCF5882
系統維持のため,後に羽化する♂との
差し替え用で取りあえずストックするとして
DSCF5879
今後の羽化♂に期待したいと思います。
DSCF5885
T117 RTの方は(T-117×NO95)
胸角太め・良型ですがT115RTより
弧の描きは小さく、先端まで直線的に伸びた♂が多く
DSCF5903
DSCF5896
胸角根元にくびれの無い
長角で羽化していますが
DSCF5900
DSCF5891
170㎜アップには程遠い感じです(^^ゞ
DSCF5892
今後の伸びしろに期待できそうな感じはするので
ボチボチ飼育していくとします。
DSCF5912
・・・・・ヘラクレスと対照的サイズの虫ですが
息子が飼育する岐阜県産コカブトが次々羽化、、(汗)
早くも後食開始・活動開始したようで
(どうなっているのかは知りません・・)
DSCF5908
自身、興味がない昆虫で
パッと見は👀♂♀判別も分かり辛く感じます
(・・小さ過ぎて見えない)
DSCF5909
少し突き出た頭角の有無以外
前胸の凹みの広さで雌雄判別する事を
学び知っていた息子でした
DSCF5911
子供から教わり、、
「ホントだ!」と
思わず声が出てしまいました(笑)

なにせ興味がない昆虫でして、、、
本日はこれにて(__)

DSCF5916
HIROKAさんより
OAKS岐阜へブドウが届きました☆
仕事帰りに立ち寄り🚗頂戴しました。

どうも有難う御座いました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近のヘラクレス
T-117系 T-115系 とNO119です。

T-117×No95
T-115×No95
ボトルからケースへ・・・時期的な移し替えのミスで
早期・小さなサイズも羽化していましたが順調です。
ねじれ・曲り個体はどうしても・・・
それでも不全なしで助かってはいます

8月中旬から良♂の羽化が見込めそう。
DSCF5343
↓サイズこそ普通ですが
チビ♂羽化と同時期に長角・良型♂も羽化しており
♀の羽化・活動と合わせ系統を繋ぐ予定で
小さな♂も一応にストック

太さは必要不可欠ですが
個人的にそこそこの太さ
整ったバランス・長角で美形型が好みなので、、、

左から140㎜台 150㎜ 155㎜ 
DSCF5295
155㎜♂
DSCF5325
DSCF5324
150㎜♂
DSCF5321
DSCF5305
140㎜台
DSCF5317
DSCF5298
157㎜♂
DSCF5452
DSCF5453
160㎜♂
DSCF5501
DSCF5503
DSCF5504
DSCF5490
今後は「 T-117RT・T-115RT 」の系統名で
累代予定です。

NO119♂も極太が羽化しており
現在 残りの蛹も大型・極太が多いナンバーです。
20160730_114512
20160730_114542
先端から根本まで
他のNOより一回り以上、、太さ際立つ♂です。
20160730_114510
ここ最近は採集や遊びの投稿ばかりでありましたが
ヘラクレスやクワガタ飼育に伴う作業は変わらず、、です。
要領を覚え、手際が良くなった子供にマット入れも任せれる様になりました♪
DSCF5351
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近のヘラクレスですが
OAKS K氏・A氏のところでは
♂がボチボチと羽化しておりますが
当ブリードルームは♀ばかり
外産種クワガタも幼虫 蛹・中心で羽化も控えめです。

OAKS K氏ブリードルームから
ショップ販売用で2♂持ち帰りました。
大きい方で160㎜近いですが発送可能な頃には縮むでしょう^^
DSCF2376
DSCF2373
当宅 ♀達ですが
T-117系 ♀の羽化が始まり
「OAKS・T-117×NO95」

T-117とT-117親NOを合わせ
羽化した♀達です。

♂の羽化はまだまだ先
羽化ずれ、、インブリ不可の♀達です。
DSCF2254
サイズは大きい個体で73㎜程
DSCF2255
前蛹・蛹♀が20頭程スタンバイしており
何処かのタイミングで合わせないといけませんが暫くは無理そう。
DSCF2261
然程、気にはしていませんが
「T-115×No95」系の羽化が引き続き始まれば・・・TT
DSCF2262
3月・初旬
親しくさせて頂いている遠方地まで
OAKSメンバー4人で訪問予定🚢

時期の合う♂が暫くいないので
手土産として考えております。
DSCF2257
DSCF2256
当宅で最後のNO119が羽化しましたが↓
DSCF2258
棚奥で放置・羽化してしまい
小さなサイズの羽化となりました、、、TT
当面は販売ストック分としての羽化が続くでしょう。
♀の羽化って全くテンション上がりませんね


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘラクレス T-117・T-115系 2015年種親達になります。

Bettle_onさんのイベント展示で関東を経由
その後、標本作成を専門業者様へ依頼していたT-117・T115
OAKSブリードルームへ戻ってきました。

イベント最中に後足一部が符節飛びとの報告を受けていましたが
見事に補修され、、標本作成費用も良心的でK氏も喜んでおりました。
20151031_135052
20151031_135219
20151031_135211
20151031_135250
OAKS ヘラクレス歴代♂親達と一緒に標本箱に収められる事になります。
20150308_150455
手抜き投稿ではありますが
ブログ更新させて頂きます。

朝から雨で(*_*)捗りませんが外作業へ
此れにて失礼します。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

夏休み子供用イベントで展示使用するため
OAKS K氏のヘラクレス♂2頭 を東京へ

友人O氏が毎年~地元小学校でカブトムシ教室を開催しているとの事で
子供達のために使用してもらいます。

「世界のカブトムシ・クワガタムシ大集合」
4年生~6年生で15人限定

「カブトムシ・クワガタムシをもっと知ろう」
1年生~3年生の15人限定で2回開催(合計 30人)

抽選倍率も高く人気のある教室との事です。
DSCF7578
岐阜のイベントに続き~今度は東京のイベントへ🚗
ヘラクレスがいた方が子供達も喜びますからね

以外にもほんの少しだけ外産クワガタを送りましたが
来年はこちらで揃えれる外国産や国産種を事前に集めておかなければ!
と思っています。
DSCF7622
この♂達はOAKS内で十分に子孫を残し
お役目を果たしてくれました・・・。
DSCF7584
2♂を合わせるとすぐに喧嘩が始まり
種付けする位の元気はありますが
DSCF7569
次回~OAKS部屋に戻る際は標本としてご帰還予定です・・
生きている姿はこれで見納めなので最後に画像撮りました
DSCF7605
ちゃっかり・・最後の最後にNo.95♀と💛
~梱包後^^東京へ発送
DSCF7631
次世代もこの♂達を超える個体が
バンバン羽化してきてほしいものです
簡単では有りますが・・・お終い
DSCF7721
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

OAKS部屋にて
先日と同じくOAKS血統ヘラクレス T-117 115 
他No羽化状況 新しく羽化した個体達です
20150222_101117
1週間で140㎜後半~160㎜前半の15♂が羽化しました。20150222_101129
画質が悪いですがまとめてご紹介します。
20150222_101134
今回羽化した2♂
少しピンボケですがサイドからの画像
太い個体は横から見たフォルムが素晴らしいです。
20150222_101755
20150222_101745
胸角やや細身の個体は長角、美形が多く↓
20150222_101145
暫くは大型個体の羽化が続きます。
20150222_101238
20150222_101252
20150222_101225
20150222_101940
これから羽化してくるNOヘラクレスの他に
前にご紹介した、OAKS 今期種親 T-117系♂DSCF4738
種親の1頭 T-115系♂
DSCF4752
真上から T117と115系
DSCF4677
体も固まり2♂画像撮り↑↓
DSCF4694
太さだけを追求した個体では有りませんので
サイドから見てもアンバランスに見えない良型♂
DSCF4678
この個体に続く良型♂が今後も羽化してくるとは思いますが 
2頭は種♂としてキープ、OAKS T氏も今期からNO115系をブリードするらしく☆OAKS全体でのヘラクレス保有数はかなり多くなると思います
DSCF4721
T-117.115 両共にOAKS血統No95からの個体でどちらも良型羽化していますが
T-117の方が大型で誕生しています、やはり個体の良し悪しは血統でしょうか
DSCF4709
20150222_104917
今回の昼の飲み会・中華料理屋の座敷スペースで
20150222_121246
OAKS K氏 T氏 O氏
4人で飲み会(A氏は欠席・・で・・す・・。)
☆今後の方針やヘラクレス談議
虫の業界・・つくづく色々な方がおられます
・・ホントに

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まだまだ寒い朝が続きます
本業の仕事先で生き物を扱い~水温 水質など★
まさか!こんなはずじゃが多く訪問先であたふたする時期で

人付き合いや人間関係でも
まっ!まさか!こっちは寝耳に水 
中年期、年齢的にも石頭になりがち
言動が物議を醸すこともしばしば
一方通行にならず柔軟に受け止め対応願いたいものです
人付き合い、信頼関係の永続に
難しさ感じるこの頃であります


サボり気味のブログでしたが ずらずらと
T-117と115の成虫羽化状況です

T-117 154、0㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 11月2日 144,7グラム
(2月21日羽化)

1424480207967
T-117 143,5㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 11月2日 126,4グラム
(2月20日羽化)
1424480235811

T-117 147,4㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 11月2日 138,1グラム
(2月19日羽化)

1424480247834
T-117 146,3㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月31日 117,5グラム
(2月17日羽化)
1424480262132

T-117 147,0㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月28日 121,0グラム
(2月17日羽化)

1424480275844
T-117 151,9㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 11月2日 142,8グラム
(2月17日羽化)
1424480280694

1424480288213
T-117 153,4㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 11月2日 132,4グラム
(2月18日羽化)
1424480352195
T-117 152,2㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月28日 123,8グラム
(1月28日羽化)
1424480373578

T-117 155,0㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月27日 127,0グラム
(1月28日羽化)

1424480412532
T-117 152,0㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月20日 128,1グラム
(1月27日羽化)
1424480423531
1424480427811
太く・大型個体が多いナンバーで
来期からT-115 名称予定で個別管理していくNOになります。

T-115 148,3㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 7月16日 131,4グラム
(2月20日羽化)
1424480214939

T-115 150,4㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 11月7日 122,2グラム
(2月20日羽化)

1424480229759
T-115 144,0㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月16日 142,4グラム
(2月6日羽化)
1424480360772

T-115 151,3㎜ 
幼虫体重 最終計測日 2014年 8月20日 131,3グラム
(1月日28羽化)
1424480395681
NO115
自身も152㎜ 種親が活動を待っている段階です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

OAKS血統ヘラクレス
OAKS 今期種親です。
T-117とは別系、T-115として管理していくNOになります。

現在のところOAKS種候補として残すのはこの2♂
DSCF4136
DSCF4142
DSCF4138
151~152㎜ 
最近羽化した中ではサイズは普通
NO・95からの形状、太さを受け継いだ♂
DSCF4135
DSCF4124

DSCF4122
DSCF4143
新年会以降
ここ数日の間に羽化した150~160㎜台♂達です
DSCF4146
候補2♂よりも大型個体ばかり
DSCF4154
販売予定の個体達ですが羽化したばかり
暫く先になるかと思います。
DSCF4147
DSCF4155
 T-117の親NO・のNO95の前蛹になります↓↓
2頭を人工蛹室へ移すため最終計測しました。
(126グラム)
DSCF4259
(124グラム)
DSCF4261
↓↓これはNO95とは別のOAKS血統幼虫ですが やはり血統でしょうか・・
同環境 温度、同マットを使用しても約10グラム以上グラム減でした。
DSCF4262
それぞれ無事に羽化して欲しいものです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

T-117系 羽化前の蛹画像をブログ蛹状況に追記投稿させて頂いておりますが
OAKS部屋から羽化したばかりT-117♂画像が届いたので
アップさせて頂きます。

今回、個体達は直接見ていませんので画像のみの確認となりますが
どちらも、体重がのった個体では有りませんでした。
OAKS T-117 ♂155,2㎜ 
幼虫の最終段階の重さ(2013年9月初令~2014年8月20日)
118グラムの個体
1421058344136

1421036483597
1421036481848
1421058355459
1421058353889
長角で太め、美形のNo95親似の形状個体が続々羽化してくるとか思います。
太め蛹も多数確認しており、大型T-117♂の羽化が続くでしょう

OAKS T-117 ♂142㎜ の小さめ♂
幼虫の最終段階の重さ(2013年9月初令~2014年8月28日)
105グラムの個体
1421036776609

1421036773167
OAKS T-117 ♂151、5㎜ ♂
幼虫の最終段階の重さ(2014年9月17日)
132,5グラムの個体
1421310223381
1421310218919
羽化したばかりの個体も

1421043512110
1421043518908
OAKS No117(T-117では有りません)現状計測♂160㎜の個体も・・
幼虫の最終段階の重さ(2013年8月初令~2014年7月29日)
141グラムの個体です。

活動時期には150㎜後半で落ち着くと思います。
1421108965941
1421108969367
1421108973321
OAKS No113 現状計測♂160、5㎜
幼虫の最終段階の重さ(2014年6月10日)
142,9グラムの個体
1421310212060
このところ、仕事以外の作業が忙しくブログ更新時間が、、。
2015年へ年が変わり、長年続いた親の稼業する店舗が閉店しまして
(昨年の秋頃に決まり)
毎日、付け作業に追われております。
片づけ作業風景でも・・・
DSCF3645
子供達も手伝いを頑張ってくれています。
邪魔ばかりですが
DSCF3643 - コピー
単調なシュレッター作業だけは
チビ達に打って付け・助かりました。
DSCF3642 - コピー
DSCF3644 - コピー
親もお歳を召してきており^^
経営が傾いた訳でなく、体調の事を考えた末~廃業する事に
30年以上支えてくれたスタッフもおり感謝しております。

自身も若い頃、家業を継いで安心させれればと・・稼業継承するつもりで
学校にも通い国家資格も取得、5年程勤めに出ていた時期も有りましたが
センスが有りませんでしたので^^ 
これからは老後をのんびり過ごしてもらえれば・・・
47年間お疲れ様でした。

広くは有りませんがクワカブ位なら
ショップ並に置ける程のスペースも有り
今後は増設スペースとして検討していくつもりです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大型、太系ヘラクレスの蛹が羽化 スタンバイする中 
T-117系の小さめ♂達が羽化開始
OAKS部屋で画像撮りしました。
先ずは140~146mmの小さな♂参考程度にご紹介させて頂きます。。
DSCF2224

サイズなりの体型で、太さ控えめですが
管理NO.95からの血統となります。
DSCF2221
DSCF2225
DSCF2222
DSCF2226
DSCF2223
DSCF2227
↑↑ 3♂は状態を見ながら証明書付 ペア販売する予定でおります。
同血統、他NOでも太めの♂達が羽化してきますので
次回ご紹介するつもりでおります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今期、羽化するヘラクレスOAKS メイン血統 T-117(管理 NO95番)
DSCF8751
DSCF8749
DSCF8747
DSCF5795
WILDのブリードから始まり,
過去に血統の入れ替えで他血統を合わせた事もありますが
長角で太さもある優良な個体のみで交配してきている血統です。

T-117(管理 NO.95)に関して申し上げれば、
OAKS血統管理 NO.66からNO.95へ引き継がれた系統になります。
DSCF5832
DSCF1913
NO・66 ↑↓ 2♂画像
DSCF1912
他に極太 長角のNO.は数多く存在しましたが 
NO.95から羽化した個体は、太さバランス共に申し分ない個体が誕生している
一押しの血統に感じております。
DSCF5831
DSCF5833
現在、種親達は標本として箱に収められており(画像参考)
その子孫♂はまだ羽化してきておりませんが、♀達は少しずつ羽化してきております。 
小さな♂から羽化が始まっていくと思います、時間のある時にでもご紹介する予定でおります。

自身ストックのNO.95もメスは羽化 小さな♂個体から蛹化しておりますが、
(NO.95×NO.95のインブリード個体です。)

管理が行き届かなかった個体もおり幼虫のサイズも大小バラバラ。

110グラム程度の幼虫もいれば150グラム近い幼虫もおり
(幼虫頭幅も小さな個体で17ミリ~大きな個体で18,8ミリ程)

サイズが不揃いで現在ご紹介するまでに至っておりませんが
蛹 幼虫から参考程度にアップさせて頂きます。
蛹重量 90グラム程度の♂蛹
DSCF1101
DSCF1107
DSCF1108
DSCF1109
蛹重量116グラム程度の♂蛹
DSCF1106
20140911_175428
20140911_175436
NO.95 羽化♀ (NO.95×NO.95のインブリード)
DSCF1117
DSCF1115
DSCF1119
DSCF1200
ペア販売の場合は証明書を発行する予定でおります
(証明書画像 変更の可能性もあります)
DSCF1131





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ